決意表明
横浜コンサルティングセンターは、コンプライアンスを遵守し、環境保全、労働環境の改善、持続可能性、地域社会への貢献に取り組みます。
コンプライアンスへの取り組み
横浜コンサルティングセンターは建設コンサルタント会社として、公共性の高い業務に携わっているという意識をもち、企業の社会的責任と公共的使命を自覚し、関係するすべての法律を誠実に遵守するとともに、全社員は社会的良識をもって次のとおり行動します。
企業倫理方針
1. 価値創造と社会貢献
社会と調和し、時代の求める新しい価値を創造することにより、顧客、株主、従業員、そして社会全体の幸せの実現に努力し、社会貢献にも積極的に取り組みます。

2. 経営の透明性の確保
顧客及び株主等のステークホルダーはもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ適正に開示します。

3. 企業倫理の実践
全ての社員に対して、企業倫理の実践を呼びかけ、社内規定の整備、啓蒙、教育及び監査等の活動を通じて、よき企業人として良識ある行動を求めます。

4. 社会的規範の遵守
良識ある企業市民として、法令等を遵守することはもとより、地域の文化、慣習を尊重して事業活動を行います。

5. 個人の人格の尊重
社員の人格と個性を尊重し、嫌がらせやいわれのない差別を受けることのない職場環境を維持します。

6. 情報の知的財産の尊重
営業機密を含む知的財産を尊重し、自らの権利を防衛するとともに、他者の権利を尊重します。

7. 反社会的勢力の排除
善良な市民生活や正当・適法な企業活動を破壊するような反社会的勢力とは、断固として闘います。

8. 環境・安全・健康への配慮
人々のかけがえのない地球環境を保全していくために、企業としての責任を強く自覚し、環境・安全・健康に配慮した経営を実施します。
品質方針
横浜コンサルティングセンターの経営理念に基づき、次のとおり品質方針を定めています。

「お客様に安心と満足を与える技術をもって、優れた製品を提供する。」

当社は、顧客のニーズと期待を理解し、顧客満足の向上を目指すことを業務の柱として、弊社独自の品質マネジメントシステムを構築および運用し、その有効性を継続的に改善していきます。
また、経営者および全ての従業員は、安心と満足を与える技術サービスを提供するため、その品質確保に取り組みます。

2021年5月26日

株式会社横浜コンサルティングセンター
代表取締役 髙橋 眞樹

.

ソーシャルボンドについて

東日本高速道路株式会社『NEXCO東日本』が発行するソーシャルボンド(社会的課題解決のために発行される債券)への投資を実施いたしました。

ソーシャルボンドによる資金調達は高速道路事業に充当され、『地域活性化』『災害対策』『交通安全の推進』『環境保全』などの社会貢献活動に活用されます。
また、この事業は国連の策定する持続可能な開発目標(SDGs)の達成にも貢献します。

2022年1月

<本債券の概要>

銘柄 東日本高速道路株式会社第90回社債
(一般担保付、独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構併存的債務引受条項付)
年限 7年
発行額 200億円
発行日 2022年1月31日

(東日本高速道路株式会社HPソーシャルファイナンス)(外部サイト)

 


 

西日本高速道路株式会社『NEXCO西日本』が発行するソーシャルボンド(社会的課題解決のために発行される債券)への投資を実施いたしました。

ソーシャルボンドによる資金調達は高速道路事業に充当され、社会基盤である高速道路の老朽化、激甚化、頻発化する自然災害、逆走防止などの安全・安心対策といった課題解決に繋がっていくものであり社会的な効果をもたらすものと考えております。
また、この事業は国連の策定する持続可能な開発目標(SDGs)の達成にも貢献します。

2022年2月

<本債券の概要>

銘柄 西日本高速道路株式会社第65回社債
年限 5年
発行額 800億円
発行日 2022年2月10日

(西日本高速道路株式会社HPソーシャルファイナンス)(外部サイト)

当社は本債券への投資を通じて、高速道路事業計画の推進に寄与すると同時に、今後も持続可能な社会への貢献をより一層進めて参ります。